西東京市一戸建て外壁塗装(下地補修・鉄部塗装)

概要

西東京市の一戸建て外壁塗装工事。ご紹介によりお見積もりさせて頂くと、外壁に何か所か大きなクラックがありました。お話を聞くと1階和室で雨漏りするとの事でしたので、恐らく壁のクラックから水が入り込んでいると予想しました。壁の下地調整が極めて重要だと判断し、ご提案いたしました。

施工内容

  • 足場架け払い・メッシュシート
  • 高圧洗浄
  • 養生
  • 下地補修
  • 外壁塗装
  • 鉄部塗装

施工のポイント

雨漏りは屋根や屋上が原因となる事が多いのですが、意外と壁に原因があるケースが多いものです。今回は壁に顕著なクラックが見られたため、そこを重点的に直す事としました。軽微なクラックの場合に採用する「擦り込み工法」はクラック部にそのままシーリング材を充填するだけであるため、深いクラックでは奥まで充填できません。そうなると何年もたたずにシーリング材が開いてきてしまいます。こうしたケースではUカット工法が妥当で、クラックを削り、奥までしっかりシーリング材を充填しました、

ビフォーアフター

外壁塗装前

武蔵村山市マンション塗装前

外壁塗装後

武蔵村山市マンション

各工程画像

足場架設

ビケ足場を架設しました。

高圧水洗浄

高圧水洗浄

外壁高圧洗浄外壁を高圧洗浄機で水洗い。 屋上高圧洗浄2外壁以外の霧除けなども洗浄。
洗浄によって汚水が壁を伝うため、
窓ガラスなども洗います。

 

養生

窓やドアなどの非塗装部分をビニール等で覆います。塗装工事では外壁、鉄部・木部で用いる塗料が違います。一般的には外壁を先行し、外壁終了後鉄部や木部塗装へと進みます。外壁塗装をする際には鉄部や木部も養生し、いざそれらを塗る時にその養生を取り外します。

下地補修

前述したように漏水を解消するため下地補修は入念に行いました。かなり大きなクラックが数か所、特に漏水している和室の上部には幾つも見られました。その面は特に重点的に下地補修を行いました。下地補修は何をどうしたのかがわかりにくい工程です。上から塗装してしまえば工事の痕跡はわからなくなるためです。しかし、この下地補修をおろそかにすると数年後には何らかの症状が現れます。外壁塗装では手を抜いてはいけない工程なのです。

Uカット工法によるシーリング

Uカット工法によるシーリング

大きく深いクラック サッシから斜めにひび割れる事はよくあります。
ただ、ここまで大きなクラックは珍しいです。
電動カッターでUカット 電動カッターUの字に溝を作ります。
Uカット工法 大きなクラックは擦り込み工法では
深奥部にまでシーリング材が充填されません。
電動カッターであえて溝を作って、
奥まで充填します。
幾筋も溝を作る 和室の上部の壁です。
大きいクラックが幾つもあり、
ご覧のように幾筋も溝を作りました。
プライマー塗布溝にプライマーを塗布。 シーリング材充填 変成ウレタンを充填。
シーリング材を露出する際は変成シリコン。
塗装を上に塗る時は変成ウレタンを用いるのが通常。
奥までシーリング材充填 拡大しました。
溝のさらに深くまで
ひび割れているのがわかります。
奥の奥まで充填します。
シーリング材押え溝の中なのでヘラではなく、
刷毛で押えます。
軽モルで埋戻し溝を軽モルで埋めます。
これを「埋戻し」と言います。
埋戻し完了左官補修完了
肌合わせマスチックローラーで肌合わせ。
肌合わせは周囲と模様を合わせる事。
肌合わせ完了!周囲の凸凹に似た仕上がりに!
肌合わせこちらも肌合わせ 肌合わせ完了!肌合わせ完了!

 

外壁塗装

外壁塗装

フィラーで下塗り フィラーと言う粘度の高い下塗材を塗布。
下塗は下地の状態に合わせて使い分けます。
ハケでダメ込み 下塗が終わると中塗りです・
ハケでダメ込みをします。
ミニローラーでダメ込み ミニローラーも併用して、
軒天との境目を塗ります。
ローラー塗り 平面はローラー塗り。
中塗り ローラー塗りでしっかり塗り込みます。。 上塗り 外壁塗装は3回塗りです。
下塗り、中塗り、上塗りという3工程で
外壁を雨から保護します。
上塗り層を重ねて耐久性を持たせます。  

鉄部塗装

鉄部塗装

霧除けのケレン 霧除けのケレンです。
下屋根と霧除けの違いは、
躯体の上にあるかどうかです。
下に部屋があるのが下屋根、
部屋の外に張り出しているのが霧除け。
下屋根のケレン 下屋根のケレン。
サビ止めは錆を予防する機能の他
密着性に優れた性質を持つため、
鉄部塗装の下塗り材として用いられます。
下屋根総サビ 下屋根の下に部屋があるのがわかりますね。
総サビでしっかりと下塗りです。
霧除けウレタン塗装ウレタン塗料で仕上げます。 下屋根ダメコミ刷毛でダメ込を行い、
次にローラーで塗ります。