マンション売却、その後何をすれば?

マンション売却をした後になすべき手続きとして確定申告があります。売却によって利益が出たら譲渡所得税がかかり、損失が出たら譲渡損失の繰り越し控除が利用できます。また、買い替えによって新居に引っ越しする場合には引渡しに関して注意すべき点があります。

販売事例で確認しよう!

販売事例を検索あなたのお家はおいくら万円?
  • 過去実際に売り出された販売事例
  • 住いの周辺を自分で検索!
  • 沿線別・駅別でわかりやすい!

譲渡所得

不動産の売却によって利益が出た場合、譲渡所得として所得税と住民税が課税されます。不動産の売却金額から当初購入金額とその際の取得費、そして今回の売却に要した費用を差し引いたものが「譲渡所得」となり、さらにそこから特別控除を引いたものが「課税譲渡所得」となります。

譲渡所得税は、所得していた年数によって税率が異なります。所得期間が5年を超えるかどうかによって税率が異なり、短い場合は税率が高くなります。ただし、この制度は自分が住居として使用していた場合の不動産の場合は特例があり、譲渡所得が3000万円までは控除の対象となります。詳細は「不動産売却と税金、売却益が出た場合・売却損の場合どうなるか」でご確認ください。

譲渡損失

マイホーム(居住用財産)の売却や買い換えで譲渡損失が出た場合に、所有期間が売却する年の1月1日現在で5年を超えていることなど一定の 要件を満たす場合、譲渡損失を他の所得から差し引くことができる「譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例」が受けられます。この制度は、最初の年に相殺できなかった損失分を翌年以降3年のあいだ繰り越すことができます。

引き渡し

買い替えの場合、売却後も一定期間そのまま住み続ける事となり、契約時に定めた「引渡猶予期間」満了をもって引き渡しを行う事があります。通常は決済即引渡となるところが、その後も住み続けるという事で、鍵の受け渡しについても契約時に定めておきます。

購入希望者一覧

購入希望者一覧今どこが人気なのかな?
  • ただ今ご登録中の購入希望者を確認!
  • お住まいのエリアの人気はいかに?
  • 沿線別・駅別にお調べいただけます。