国分寺一戸建て外壁塗装・屋根塗装

概要

国分寺の外壁塗装・屋根塗装・シーリングその他の工事の様子です。外壁にニッペ水性シリコンセラUV、屋根にSK化研クールタイトを使用しました。

施工内容

  • 足場架け払い・メッシュシート
  • 高圧洗浄
  • 養生
  • シーリング工事
  • 外壁塗装
  • 屋根塗装
  • 鉄部塗装(霧除け・水切り)

施工のポイント

こちらは以前塗装工事をさせていただいたお客様のお隣さんでした。ご紹介に預かり、工事を請け負わせていただきました。外壁を二色に色分けし、メリハリのきいた外観にして欲しいとの事でしたので、奥様のご意見を聞きながら色をご提案しました。

ビフォーアフター

外壁塗装前

国分寺外壁塗装前画像1

外壁塗装後

国分寺外壁塗装後画像1

外壁塗装前

国分寺外壁塗装前画像2

外壁塗装後

国分寺外壁塗装後画像2

各工程

足場架設

単管抱き足場。

高圧水洗浄

高圧水洗浄

外壁高圧洗浄外壁を高圧洗浄機で水洗いします。
外壁の汚れと共に苔も落とします。
窓ガラス等洗浄汚水が窓を汚すため窓も洗浄します。
苔の生えた屋根屋根は他の箇所に比べてとても苔の生えやすい場所になります。下地を整える上でも、丹念に水洗いする必要があります。 屋上高圧洗浄屋根の洗浄では基本的に屋根の頂点から下に向かって洗っていきます。下から上に向けると、重なり部分に水が入ってしまうからです、

 

養生

窓や玄関扉などの開口部、塗装を行わない部分をビニール等で覆います。塗装工事では外壁、鉄部・木部で用いる塗料が違います。一般的には外壁を先行し、外壁終了後鉄部や木部塗装へと進みます。外壁塗装をする際には鉄部や木部も養生し、外壁塗装が終わったらその養生を外して、順次塗装していきます。

サイディング目地シーリング工事

サイディング外壁ではボードとボードの間に目地があります。新築時に目地に充填されたシーリング材は劣化すると徐々に縮んでいきます。その結果段々隙間があいてきて、そこから水が内部に入り込むようになります。サイディングの構造上、目地から水が入っても下から流れ出るようになっていて、かつ防水シートで躯体を保護しているので当初は神経質になる必要はありません。ただし、防水シートの寿命は10年前後とされますので、塗り替え時期になると大分劣化した状態である事は確かです。状態に応じた適切な処置をしなければなりません。

打ち替え工法によるシーリング工事

既存部分を撤去して、新規にシーリング材を充填するやり方を「打ち替え工法」と呼びます。これに対して、既存部分の上からシーリング材をさらに充填するやり方を「増し打ち」と呼びます。予算の都合で増し打ちをする事もありますが、劣化した既存部分を残すため、あまりお勧めはできません。劣化した部分を除去し、十分な厚みを持たせることが必要です。

打ち替え工法によるシーリング工事

劣化した目地 シーリング材が劣化し隙間があいています。 既存撤去 目地にカッターを入れ既存部を撤去。
撤去によるゴミ 撤去で出るゴミも結構な物。
この後掃除する事は言うまでもありません。
養生 マスキングテープで養生を行います。
塗装用のマスキングより糊の弱いテープを使います。
シーリング材充填 ケレン・清掃後、プライマー塗布の後、
シーリング材を充填します。
ヘラ押え ヘラで押えます。
施工前 ビフォー 施工後 アフター

 

外壁塗装

外壁塗装

外壁下塗り 外壁塗装の最初の工程は下塗り。
表面を固め、密着性を高めるシーラーを使用。
破風シーラー塗り 破風の下塗り。これまたシーラーです。
シーラーで下塗り 塗ったばかりの時は白っぽいのですが、
乾くと透明で光沢がある感じです。
外壁中塗り 次に中塗り。
水性シリコンセラUVを使用。
水性シリコンセラUVで中塗り ローラーに適量を含ませ塗布します。 破風中塗り破風もボードなので外壁材で中塗り。
ダメコミ いよいよ上塗り。まずはダメコミ作業。 上塗りローラーで上塗り。
ローラーもただ塗るだけではありません。
上塗り塗りムラが出ないコツ、
しっかりと厚みを付ける塗り方があります。
破風上塗り破風の上塗りをして外壁塗装完了

屋根塗装

屋根は建物を日射や風雨から守る部分で、とても過酷な環境下にあります。普段見えないので、その傷み具合に気が付かないだけで、知っていたらもっと早くメンテナンスしてたのになぁと感じるのではないでしょうか。

屋根塗装が必要となるのは主にはコロニアル屋根、シングル屋根、トタン屋根です。セメント瓦やU瓦についても時々塗装を行いますが、大部分はコロニアルです。コロニアルは下から上に重ねていく貼り方をしていて、その重なり部分に水が入っても流れ落ちるような構造になっています。そのため屋根塗装を行う場合でも重なり部分が塗装で塞がらないよう「縁切り」を行うのがよりよい方法とされていました。

その後「タスペーサー」という資材が開発され、縁切りに代わる屋根の塗装方法を確立しました。

屋根塗装(遮熱塗料)

屋根下塗 屋根にシーラーを塗ります。
頂上から下に向かって塗り進めています。
シーラー塗布洗浄後白っぽかった屋根。
シーラーを塗った部分が光っています。
タスペーサー挿入 タスペーサー挿入。
タスペーサー挿入完了 タスペーサーの厚み分の隙間が確保されます。
この隙間から水が流れ落ちます。
遮熱塗料で中塗り遮熱塗料「クールタイト」による中塗り。 屋根の上塗り遮熱塗料は日射時間の多い夏場に効果を発揮します。
逆に言うと冬場ではそれほど効果がありません。
遮熱塗料上塗り上から下へそのまま塗っちゃうと、
屋根に乗っていられなくなります。
最後は下から塗ってスペースを確保しながら、
屋根塗装を完了させます。
 

 

鉄部塗装

鉄部塗装

霧除けケレン 霧除けのケレンです。
サビ止め塗布 霧除けにサビ止め塗布
サビ止めは鉄部塗装の下塗り サビ止めは錆を予防する機能の他
密着性に優れた性質を持つため、
鉄部塗装の下塗り材として用いられます。
水きりにサビ止め 水切りにもサビ止め塗布
鉄部塗装完了ウレタン塗料で仕上げます。