Question1

自宅を売ろうかどうか考えています。まずは不動産屋さんに相談した方がいいのでしょうか?

Answer1

まずは気軽に査定依頼をしてみてはいかがでしょうか?

不動産屋に足を運ぶ前にインターネットやチラシで不動産の査定を依頼してみてはいかがでしょうか。もちろん、初めから不動産屋に足を運んで相談してもいいのですが、実際に顔を合わせると、連絡先を聞かれたり、販売をまかせてくれないかと説得されたりするかもしれません。ホームページからの査定依頼なら最初はメールでのやりとりになりますので、その対応によって訪問するかどうか決めてはいかがかと

Question2

査定とはどのように行うのでしょうか?

Answer2

不動産は市場価格と言われます。

近隣の販売事例や公示価格などを参考にし、法令や接道などの価格の決定にかかわる要素を加味して行われます。簡易査定、訪問査定など詳細については「査定の方法」をご覧ください。

Question3

査定無料というのは本当ですか?

Answer3

査定は完全無料です!

査定依頼をいただいた場合、全く費用は必要ありません。登記情報提供サービスを使って謄本を調べますがそうした費用は弊社にて負担いたします。

Question4

査定金額が希望に届かない時は断ってもいいのですか?

Answer4

もちろんです。販売依頼はご納得の上でいただければ幸いです。

査定をしたからと言って是が非にも販売させて頂こうというわけでは決してございません。査定をたたき台としてご納得のいく販売活動にならなければ意味がありません。担当者との相性、こちらが信用に足る業者かどうかなどじっくり品定めいただきお決め頂ければと思います。こちらからぐいぐいアプローチをする事はありません。求められる事項に、懇切丁寧に対応できるかどうか、それが重要だと考えます。

Question4

どうしたら高く売れますか?

Answer4

物件それぞれに違いますが、見た目が大事なのは確かです

大切な資産ですから少しでも高く売りたいと思うのは当然です。どうしたら高く売れるのか、それを共に考えていくのが私たちの仕事です。販売戦略、そして物件をどのようによく見せるのか、まさに不動産業そしてリフォームで培ってきたノウハウが活かせる分野です。

Question5

不動産の売れる時期ってありますか?

Answer5

かつては繁忙期と呼ばれる時期がありましたが、今はほとんどありません

賃貸で言う繁忙期ほどではないにしろ、売買でも1~3月、9~10月がちょっとした繁忙期になります。また、新築物件では11~12の年末にかけて、販売価格の値下げを受けて活発化します。ただし、今はインターネットでの物件探しが主流となり、一年を通して売買が行われるようになりました。 どの時期だから売れるというより、どのように売り出すのかが重要です。

Question6

買い替えの場合、住んだまま売却できますか?

Answer6

住みながらの売却は可能です

居住中の物件のご案内は普通です。買い替えの場合自宅が売れないと新規にローンを組めない事もありますので、それに対応した売り出し方がございます。売買契約書で引っ越しの猶予期間を設けるなど、不安な点をしっかりとケア致します。 ただし、先行して新居を購入できるのならそちらの方が売却しやすいのは確かです。新居に移転後空家になれば、現地売り出しをしてより積極的に販売活動ができるからです。

Question7

本当に仲介手数料最大50%となるのですか?

Answer7

はい、本当です。

弊社ではインターネットでの営業がほとんどで、固定費がかからない会社運営を行っております。不動産における広告宣伝費は相当な金額になる事が多いのですが、私どもはスリムな体制で、浮いた経費分をお客様に還元させていただいております。綺麗に言うとこうなりますが、手数料の割引が一つの営業戦略でもあるので、遠慮なく、そして安心してご依頼ください。

Question8

急ぎ不動産を処分するにはどうすればいいのでしょう?

Answer8

業者による買取という方法があります

すぐに現金化したいなど諸般の事情でできるだけ早く不動産を売却したい時は業者による買取り という方法があります。この場合早ければ数日で現金化できます。その他瑕疵担保責任が免除されたり、仲介手数料が無料になるなどもメリットもあります。反対にデメリットとして、売却価格が市場価格以下となる可能性があります。業者としては取引によって利益を出さなければならないので、市場価格以下での条件提示となるのが一般的です。

Question8

売却にあたってどのような費用がかかるのでしょうか?

Answer8

売却時には以下の諸経費がかかります

  • 仲介手数料・・・不動産業者への成功報酬。売却金額の3.24%+6.48万円を上限とする(弊社では最大50%OFF)
  • 印紙代・・・契約書に貼る印紙代(5千円~1万円程度)
  • 登記費用・・・変更・抹消登記の費用
  • 譲渡所得にかかる税金・・・売却益が出た場合に発生します

上記費用のうち契約時に必要なのは印紙代だけです。それ以外は決済後現金を手にしてからで大丈夫です。

Question9

周囲に知られずに売却できますか?

Answer9

はい、お客様の秘密は厳守、周囲に知られないよう細心の注意を払って売却をお手伝いします

お客様の事情をお聞きして最新の注意を払って売り出します。弊社ではIDとパスワードを発行した会員様のみご覧いただけるページを用意してございます。さらに秘匿性が高い場合には、ご来店いただいたお客様にのみ図面をご覧いただくように致します。お客様に販売方法をしっかりとご説明し、ご了承いただく事が前提となります。

Question10

普段働いていて部屋を見せれない時もあるのですが大丈夫でしょうか?

Answer10

当日いきなりご案内する事はございません。ご安心ください

内見の前に事前にご連絡いたします。売主様のご都合をお聞きし、内見希望者様とスケジュールを調整いたします。当日ご覧になりたい場合でも、当日案内をご了承いただいた時のみご案内いたします。連絡がつかない時、ご都合が悪い時は、後日日程を合わせてご覧いただく事になります。

Question11

不動産はどれくらい(の期間)で売れますか?

Answer11

早ければ数日、住宅ローンの場合は1ヶ月前後かそれ以上かかる事があります

不動産業者による買取の場合だと現金一括となるため早ければ数日で売れてしまいます。一般の方が購入される場合でも現金ならば契約即決済という事も可能ですので、その場合も短期で終わります。買主が住宅ローンを組む場合には事前審査・本審査・金消契約・決済という手順を踏むため1ヶ月前後あるいはそれ以上かかります。詳しくは「不動産売却の流れ」でご確認ください。

Question12

住宅ローンの返済が苦しいため自宅を売ろうと考えています。相談にのって頂けますか?

Answer12

言いにくい事でしょうが、お話し下さい。その上でご助言・ご提案させていただきます。

購入時には想定していなかった事が時々起ってしまいます。人それぞれ事情は違うでしょうが、住宅ローンはまだ何十年も続きます。早く対応しなければ、さらに状況が悪くなることもありますので、是非ご相談ください。一番避けなければならないのは、返済が滞って法的手段をとられる事です。債権者である金融機関と交渉しながら、状況を打開するお手伝いをさせてください。

Question13

賃貸中の不動産を売却する事はできますか?

Answer13

できます。収益物件として売り出す事はよくある事です。

賃貸中の物件は購入者がすぐに住むことができませんので、収益物件として販売を致します。収益物件は投資物件とも申しまして、その物件からどれくらいの収益が得られるのかが販売価格の決定に大きく影響を与えます。購入金額を家賃1年分の合計金額で割って算出する「表面利回り」、そして不動産購入に際して要する費用を考慮して算出する「実質利回り」などから逆算して販売価格を決定する方法が考えられます。