多摩エリア紫陽花の名所

梅雨時期と言うと人間にとってはジメジメして過ごしにくいとか雨ばかりで外出もままならないとか、とかく不平不満がたまるものです。ところが、植物にとっては恵みの雨によってすくすく成長できる「なくてはならない」季節です。私たち人間としては、例え空に太陽がなくったって、道端に咲く小さな太陽を楽しめば、この時期なりに素晴らしい時間を過ごせるものです。多摩エリアには紫陽花の綺麗な場所が結構あります。今回はそんなアジサイの名所についてご紹介いたしましょう。

高幡不動

多摩エリアでもひと際素晴らしいアジサイ園があるのがこの高幡不動尊(高幡山明王院金剛寺)。京都智積院を総本山とする関東屈指の古刹であり、「高幡のお不動さん」として親しまれてきました。大日如来本尊とし関東三大不動の一つに挙げられています。毎月28日には縁日が開かれ、三万坪からなる敷地には四季折々の風景が楽しめます。6月初旬から7月初旬にかけて行われるあじさいまつりは、隣接する山全体に咲き乱れるあじさいがもう見事としか言いようがありません。

山内八十八ケ所巡拝路

山内八十八ケ所巡拝路のお地蔵さん

四国八十八ケ所巡拝を模した山内の巡拝コースで、八十八のお地蔵さんが小さな山の至る所にいらっしゃって小一時間ほどで全て回れます。四国や秩父のお遍路さんは大変ですが、ここなら気軽に行けますね。

梅雨時にはあじさいが、9月には彼岸花が楽しめますので、是非時期を合わせて足を運んでみてください。

まいこ

あじさい園には自生するやまあじさいの他珍しい色とりどりのあじさいも見られます。これは「まいこあじさい」と書かれていました。

アクセス

電車

  • 京王線高幡不動駅徒歩3分
  • 多摩モノレール高幡不動駅徒歩5分

高幡不動尊は川崎街道沿いにあります。わかりやすいのはモノレールに沿って進み、「高幡」の交差点で川崎街道に出る事です。国道20号線で来るなら日野橋あるいは竜飛橋を渡り、ともかくも多摩モノレールの線路下を走行する事です。すると京王線のアンダーパスをくぐり、地上に出たところで右折すれば高幡不動が見えてきます。高幡不動尊の敷地内に駐車場がありますが、収容台数は70台前後。自動車祈祷用の区画が含まれるため、時期によっては早めに到着しないと停められません。

谷保天満宮

谷保天満宮あじさいまつり

国立市の谷保天満宮は菅原道真ゆかりの神社とあって境内に梅園があります。しかし、谷保天満宮は梅だけではありません。本殿の裏手にある小山にはたくさんの紫陽花が植えられ、6月頃になると見事な花を咲かせます。最近は虫害によってイマイチ元気がありませんが、それでも梅雨空のなんだかうっとうしいこの時期にほのかな太陽のような花を咲かせ、訪れる人の目を楽しませてくれます。

谷保天満宮は学問の神様として有名ですが、交通安全祈願発祥の地ともされます。また多くの境内社があるので、参拝に出かけるのもいいでしょう。詳細は「国立市谷保天満宮」をご参照ください。

谷保天満宮のアジサイ園の由来

谷保天満宮あじさい園カシワバアジサイ

このアジサイ園は地元のボランティアの方たちの手によって運営されているそうです。境内の北西端、厳島神社が祀られているその場所では一時お賽銭泥棒の被害が度々あったそうです。めっきりすたれ果てた様子を見かねた人達が「周辺を整備し、見通しをよくすればさい銭泥棒もなくだろう」という想いから有志数人で始めたそうです。その後その輪が広がり、現在のあじさい園へと受け継がれたのです。

アクセス

電車

  • 南武線谷保駅下車、徒歩3分
  • 中央線国立駅下車、バス10分 府中行き(谷保経由) バス停「谷保天神」にて下車
  • 京王線府中駅もしくは聖蹟桜ヶ丘駅下車、バス10分 バス停「谷保天神」にて下車

甲州街道(都道256号八王子国立線)沿いにあります。下り斜線から出ないと駐車場に入れませんのでご注意ください。普通車18台、軽7台駐車可能です。普段は問題なく停められますが、三が日、梅まつりやあじさい祭りその他イベント時には混雑するのでご注意ください。尚、下の画像の奥に木が茂っている辺りが第六天神社(第六天社)になります。

雑木林のみち「玉川・野火止コース」

紫陽花の咲く雑木林のみち「玉川・野火止コース」

雑木林のみち「玉川・野火止コース」は西武拝島線玉川上水駅~東大和市駅間、小平監視所のすぐ東側から始まる遊歩道です。距離約6.28km、徒歩にして約95分というちょっとした散策を楽しむことのできる小道です。「雑木林のみち」は多摩東部地域に残る雑木林を保全し、 この雑木林を中心とした武蔵野らしい風景をつづる道を、都民の憩いの場として積極的に活用することを目的として、多摩地域に全部で10カ所整備されています。遊歩道に沿って植えられたアジサイが梅雨時の湿りがちな気分を少し明るくしてくれます。

アクセスについては玉川上水駅南口より線路沿いに東に向かってしばらく歩くとスタート地点が見えてきます。詳細は「雑木林のみち「玉川・野火止コース」」でご確認ください。

種類はそれほどありませんが、遊歩道に沿ってぽつらぽつらと植えられています。特に小平の清掃工場付近から薬用植物園の手前までの区間ではまとまって咲いているので見ごたえがありますよ!

2018年06月16日