1000番クロスと量産クロス

クロス貼り替工事では主にビニールクロスが用いられます。そのビニールクラスは大きく二つの種類に分かれます。すなわちそれが表題の1000番と量産です。一言で言えば1000番が高級(中級)クロス、量産が普及品(あるいはお手頃)クロスというくくりになります。1000番は種類が豊富でデザイン性に優れています。量産はお手頃ですが種類がそれほどありません。それぞれメリット・デメリットがありますので、以下で説明します。

1000番クロス

1000番クロスはカタログからして量産タイプよりゴージャスです。サンゲツ、リリカラ、トーリなど複数のメーカーのカタログを持つと女性では重くて運べないかもしれないほどの肉厚感があります。1000番は中・高級クロスとしてその豊富な種類が特徴です。

メリット

分厚いカタログをめくると、色彩・柄の異なる幾つものサンプルが貼ってあり、選ぶのも大変なほどなのですが、それはそれで夢の膨らむ楽しい作業と言えます。デザイン性に優れた豊富なラインナップから選べるというのがなんと言っても1000番クロスの魅力です。また、防カビ、表面強化など一般的な性能に加え、用いられる場所を想定した抗菌・消臭・汚れ防止などの機能を持つものが用意されています。

デメリット

種類が多くデザイン性に優れているのですがその多くが薄いため、リフォームに不向きです。リフォームでは既存のクロスを剥がしてから、新規に貼るわけで、剥がす際に生じた凹凸などの影響で、仕上がりが悪くなってしまいます。そうならないようにパテ処理を行うのですが、それで完全に下地の影響を受けないというわけではないのです。できれば分厚く凸凹しているものも方が仕上がりがキレイになります。リフォーム用の1000番クロスがあるのでそちらを用いれば上記デメリットはなくなります。ただし、カタログ自体が別物ですからきちんと「リフォーム用」から選ぶようにしましょう。

量産クロス

量産クロスは賃貸用のアパート・マンションなどで用いられることの多いものです。いわゆる普及品なので工事代金もリーズナブルです。

メリット

何と言っても低コスト。賃貸物件のように数年おきに貼り替える必要がある場合に適しています。それとリフォームに向いている事。凸凹のあるデザインが多く下地の影響を受けにくいです。低コストで建てた新築一戸建てなどにも用いられます。

デメリット

種類が少ない事。1000番と比べるとカタログからしてしょぼい感じです。また、同じようなデザインばかりなので、選択肢はさほどありません。デザイン性を求める方には向いていません。原状復旧のように、劣化したり、汚れてしまったものを新しく、見た目すっくりさせるために用いるイメージでしょうか。

在宅工事も承ります

クロス貼り替えなどは在宅でも施工可能です。ただし、クロス貼り替えの見積はあくまで貼り替えをするためにかかる代金であって、荷物移動や養生などは含まれません。クロス工事に限らず、建築費用はその多くが人件費となるわけで、施工自体行うために、他の作業が必要となれば、その分が工事代金に上乗せされてしまうので、経費を抑えたい場合には出来る限りご自分で荷物を移動される事をお勧めします。

一人では持ち運べない大きなタンスなどでも、中身を取り出して空にしておけば、一つや二つならあるいはサービスで運んでくれるでしょう。ただし、あれもこれも運ばなければならない、しかも中身がぎっしりと詰まっているとなれば移動・運搬費用もそれなりに請求されるでしょう。

見積無料ただし・・・

リフォームの見積もりは当然無料です。リフォームをお考えの方は是非お気軽にお問い合わせください。ただし、株式会社いずみホームでは少数で営業しております為、繁忙期にはお見積もりへの対応が遅くなる事があります。その点ご了承ください。

 

2015年10月25日