完成前の物件が気になる時は

お探しのエリアに新着物件が出てきた場合、多くの場合完成までにはまだしばらくかかります。更地の状態で公開される事もありますが、まだ敷地の上に古い建物が建っている時もあります。解体、造成が必要となると期間も半年程度かそれ以上かかってしまいます。住宅購入は一生に一度の高い買い物です。もちろん住み替えなどでさらに何度か不動産を売買するかもしれませんが、いずれにせよかなりの金額となるのですからしっかり検討してから買いたいものです。

ところが、完成まで待っていたら、完成を待たずに一つまた一つと終了していくという事も考えられます。希望のエリアにせっかく出てきたのに・・・様子を見ているうちに終わってしまった。次またいつ同じエリアに物件が出てくるのでしょう?すぐに出てくるかもしれませんが、出てこない可能性もあります。不動産はどのタイミングで売れてしまうのかは予想不可能です。一言で言えばタイミングの良し悪しです。そのエリア・価格帯でお探しの方が多ければ、完成前でも売れてしまいますし、少なければ完成後しばらく売れず、結果価格が下がったり・他の物件と十分に比較検討する時間が持てます。

近隣の完成物件を見て想像する

不動産は縁ものとは申しますが、同時に同じ物件は二つとありません。縁がなかったと諦めるのか、諦められないのかは購入後希望者様しだいという事になります。完全無欠の不動産はまずないでしょう。安くて、設備が充実していて、エリアも申し分ない!なんて物件があったならいいのですが、どこか希望に及ばないものの、総合的に見てメリットの方がデメリットより大きいから購入を決める事も多いはずです。

それは完成した現物を見て購入を決めるに越したことはありません。でも、これぞと思った時には幾つか方法がございます。その一つがその物件の売主さんが近隣で売り出している完成物件を内覧する事です。

もちろん、建築中の気になる物件と同じ仕様の物を見る必要があります。間取りや広さは違っても、室内がどのような内装なのかを見てある程度のイメージはできるでしょう。

ハウスメーカーのプレゼンを受ける

建築中の住宅には設計図や仕様書など「どのような家を建てるのか」についての指針があります。ハウスメーカーさんに申し込めば建物についてのプレゼンを受ける事ができます。プレゼンを受けたからと言って買う必要はもちろんありません。説明を受け、検討する材料にしていただくためのものです。建築中の物件ではどの段階にあるのかによって違いますが、用いる建材の色などを選ぶ事ができる場合もあります。

まずは一歩踏み出してみましょう

今はインターネットで物件をお探しになる方が本当に多くなりました。不動産業者と接触せずに自由に探せるのが何よりのメリットですし、わずらわしい営業もかけられなくてすみます。ただ、不動産は全てが一般に公開されるわけではありませんので、少なくとも1社くらいとはメールのやりとりでもいいので連絡をとりあった方がいいと思います。例えば弊社では非公開物件をご覧いただくには希望条件登録(会員登録)をしていただかなければなりません。

これは何ももったいぶっているわけではなくてですね、売主様の側から広告やWEBサイトへの掲載を禁止されているからなのです。そうした物件を見れないとすると、物件探しは相当不利になります。ですから、情報が過不足なく入ってくる状況だけは作っておいてください。

そして、気になる物件が出てきたら是非足をお運びください。物件案内してもらったからと言ってその物件を買わなきゃいけないわけでは決してありません。躊躇している間に終了してしまうとそれこそ逃がした魚は大きいと思っちゃうわけです。見て、判断材料を増やしたうえで「買わない」と決めたなら後悔しません。どうしようかなと迷っているうちに、終わるからこそなんかもやもやしてしまうのだと思います。是非一歩踏み出してみて下さい!素敵な住いとめぐり会えるよう、応援させていただきます!

2017年01月06日