カビ対策

梅雨入りすると気になるのがカビ。うっかり放置しておいた食料品に気づいたらカビが生えていたりすると嫌な気分になってしまいます。押入の中、部屋の片隅など、どのようにしてカビを防いだらいいでしょうか。

カビの発生・繁殖条件を知る

カビの発生は空中を漂う胞子が繁殖する事で起こります。普段目に見えない小さな胞子が繁殖するためには幾つかの条件があります。

適度な温度

カビが発生しやすいのは20~30℃とされます。とりわけ25℃前後で活発に発生すると言われます。梅雨の平均気温は20℃強。まさに、カビが発生しやすい環境にあるというわけです。但し30℃以上になると発生は衰え始め36℃以上では発生が殆ど止まるようです。

適度な湿度

カビには水分が必要で、湿度60%以上で繁殖しますが、80%ではより一層活発に繁殖します。

養分

カビが繁殖するには、栄養が必要で、ホコリ、汚れも栄養源となります。光合成を行わないカビは、有機物質を必要とします。

酸素

カビが発育するためには酸素を必要とします。

カビの種類

カビの種類は何万種類にも及ぶと言われます。その中で私たちの身近にある幾つかのカビをご紹介します。

青カビ

青カビは「ペニシリウム」と呼ばれます。ペニシリンという抗生物質が作られます。ブルーチーズのように無害なものもありますが、有害な物や肝臓に悪影響を及ぼすものもあるので注意が必要です。

黒カビ

家の中の浴室、壁などによく見られるカビで、湿気の多い浴室・洗面所の壁、結露の発生する窓のサッシ・壁・床、台所の流し、エアコンなどに繁殖します。

低温・乾燥に強いとされる黒カビはぜんそく、アレルギーの原因となるので、アルコールなどの消毒剤を使ってこまめに掃除する必要があります。

麹カビ

コウジカビは味噌、醤油、お酒などに使われますが、アフラトキシンというカビ毒を作り、肝臓ガンの原因にもなるので注意が必要です。

ススカビ

シャワーカーテン、ビニールクロス、エアコンの内部、すのこの裏などに見られる灰黒色のものです。農作物に被害をもたらしたり、プラスティックを腐らせたり、ぜんそくを引き起こしたりします。

カビ対策

カビの発生条件を頭に入れて、まずは繁殖しにくい環境を作る事が重要です。

一日数回の室内換気

カビはよどんだ空気の中で繁殖します。窓を開け、換気扇を回すなどして室内の通気を良くします。押入や家具の裏側などはうちわや扇風機で通気します。湿度が高く、繁殖しやすい気温でも通気が行われればカビの繁殖はある程度抑えられます。

水周りの水分除去

浴室を使用した後は水をためっぱなしにしてはいけません。高湿度を維持しようとするも同然です。使用後は湯を流し、浴室換気扇を回す。換気扇がなければ窓を開けておく。そして、浴室内の壁についた水滴などを雑巾で拭き取っておきます。

掃除

カビの養分となる汚れなどを掃除しておけばカビの繁殖の予防となります。

調湿効果のある建材を利用する

珪藻土やエコカラットなどの調湿効果の高い建材を室内に利用すると、カビの発生を抑制する効果があるでしょう。同様に結露防止にも効果的です。本来日本の家屋は調湿効果のある土壁、障子、襖、畳などが用いられ、高温多湿の風土に合った住環境で暮らす事ができていました。それが西洋建築の影響で徐々に調湿効果のある建材が使われなくなったという事で、意識的に調湿効果を持たせるような工夫をします。

 

2016年06月06日