柏町住宅雑排水交換工事

立川市柏町にある公団団地「柏町住宅」におきまして、ただ今大規模修繕が行われています。老朽化した給水・排水管のメンテナンスをするためです。

老朽化した給排水管からの漏水リスク

昭和40年代に建てられた公団団地やマンションなどで今老朽化した給排水管からの漏水事故などが起こり、そのメンテナンスが全国各地で行われています。築年数の古い団地やマンションではかつて鉄管が用いられていました。鉄はいずれ錆びてしまうため、その錆によって穴が空き漏水してしまうケースが増えました。そうした漏水への対応の為修繕が必要なのです。

どのようなメンテナンスか?

柏町住宅でもそうなのですが、上記のような団地・マンションでは最上階から一階にかけて排水立管が通っています。洗面台の横などに排水管が露出していて、それが上から下までつながっています。床・天井を通り抜けているため、それを交換するとなると大工事です。床を剥がし、排水管周りを壊して撤去しなければなりません。当然その間は水の使用は厳禁です。それでも交換できる立管ならいいのですが、露出せず壁内部を通っていたり、立管からトイレや浴室に繋がる管などについては、交換ができないか、交換にものすごコストがかかるかしてしまいます。

排水管の中に管を作る

そこで考えられたのが、特殊な機械と材料によって管の中をコーティングして言わば「管の中に管を作る」という工事です。これなら管自体を取り外さなくても、設置したまま施工できます。そのため、そうした技術を用いた修繕が全国的に認められ、採用されるようになったのです。

床その他の補修

とは言え排水管だけでなく給水管のメンテナンスも必要となる場合には各戸ごとに床を剥がしたりしなければならないケースが出てきます。床を剥がし床下に通る給水管・排水管などをメンテナンスし、再び床を張るのですから、一日や二日では終わりません。しかも、1階から最上階まですべての部屋を同時期に工事しなければならないため、綿密に計画を立て、各戸住人さん全員の協力が不可欠となります。

工事期間中に例えば3階の住人さんだけが留守で、その階だけ工事できなかった・・・という事はありえないですし、起こりえません。先述の排水立管は上から下までつながっているのですから、途中だけ省く事ができようはずがありません。また、給水管を新設するにせよ、漏水のリスクは全戸共通のものですから、一部でも交換できないという事はその号棟全体の不利益となるからです。

かくして柏町住宅の大規模修繕が行われ・・・

こうした理由で柏町住宅では昨年の外壁等の大規模修繕に続き、二年連続で大規模修繕が行われる事になったようです。各住人さんは大変でしょうが、建物の事、住環境の事を考えればいずれは通らなければならない道です。ですから、ここでこの修繕をしておくことで、将来の憂いが払しょくできるわけですから、よい事なのだと思います。ただし、不動産及びリフォーム業者である株式会社いずみホームとしては、この期間中、賃貸・売買ともに動きがまったく止まってしまい、リフォーム案件も完全ストップになっておりまして、案外痛いのですが・・・この工事が終われば一気にまた動き出すのだろうと、工事終了を心待ちにしている状況なのです。

まだしばらく続く打合せ

昨日弊社管理の空き室一部屋について上記工事が完了しました。その間工事業者さんとの打ち合わせで何度となく現地に足を運びました。仕事の一環と言いますか、延長線と言いますか・・・そうした打合せ自体私の直接の仕事ではありませんが、オーナー様の代理として業者さんと話をつけなければなりません。

今やっと一つ終わり、残り3部屋・・・。案外大変なんですが、しっかりと対応したいと思います。

 

 

動画で施工風景配信!透明な現場を目指して!

  • 動画が見たい
  • 部屋に居ながら下見したい
  • そうだYouTubeを見よう

動画のリクエスト承ります!

お気軽にお申し付けください!

2015年10月15日