耐震、制振、免震それぞれの特徴と違い

耐震、制振、免震というのはそれぞれ地震に対するものだというのはわかります。ではそれぞれがどのような意味を持ち、違いがあるのでしょうか。

耐震

耐震は「地震に耐える」事を言います。ここで言う「耐える」とは地震の揺れで倒壊しない事です。大地震によって建物が倒壊した場合、人命が失われる可能性が極めて高くなります。もちろん倒壊せずとも室内の天井が崩れたり、家具が転倒したりして命を落としたり、大けがする事はあるのですが、建物が倒壊しない限り人命が守られる事が多いものです。普段から建物のどの位置が安全なのかを確かめ、家具の転倒防止策を施したりするなどの準備をしておけば、自身及び家族の生命を守れる可能性が高まります。

現在は住宅性能表示制度によって耐震性能を等級で表すようになっております。もちろん住宅性能表示制度は任意なのでその制度を利用していない建物だとどれくらいの等級かはわかりません。けれども同制度を利用しているものについては等級が一つの判断基準となる事でしょう。耐震等級3が最高等級で1が最低となります。耐震等級1が建築基準法と同程度、等級2が等級1で想定する地震の1.25倍に耐えられるもの、等級3が等級1で想定する地震の1.5倍に耐えられるものとなります。

尚、建築基準法を満たす建物がどいうものなのかというと、 数百年に一度の大地震でも倒壊・崩壊しない程度とされます。東京を想定した場合、気象庁の震度階で震度6強から震度7程度という事です。さらに詳細を調べたい方は「住宅性能表示制度」をご参照ください。

制振

地震を制御するという意味合いでしょうか。地震の力を建物の構造によって分散し、建物の損傷を低減するものです。制振ダンバーを筋交いように斜めに取付けたり、部材の接続部に用いて、変形しようとするエネルギーを吸収します。最近では耐震プラス制振構造の建物も割とよく見られるようになりました。

免震

免震は地震の揺れが建物そのものに伝わらないよう、あるいは伝わりにくいようにするものです。免震には「ゴム」「転がり支承」「すべり支承」大きく三つの形態があります。いずれの種類でも建物は免震装置の上にのっかる形て建てられ、地震が生じた場合でもそれらの免震装置が揺れを吸収し建物自体が揺れにくくなります。

耐震、制振、免震それぞれのデメリット

耐震は頑丈に作って地震の揺れに耐える事を目的としています。震度で言うと6程度のものが起こってもすぐに建物が倒壊しない強さを持ちます。ただし、震度6を超える大きな地震でも耐えられるくらいの耐震性があったとしても、それは無傷で済むという事ではありません。生命を守れるよう立ち続けるけれども、ある程度の損傷は受けてしまうかもしれません。また、地震のエネルギーはもろに受けるため、家具の転倒で被害を受けないよう備えておいた方がいいでしょう。制振構造のデメリットは耐震構造に比べて多少コストがかかるという事でしょうか。免震は地震に対して最も効果を発揮すると言われていますが、相当のコストがかかってしまうのがデメリットでしょうか。また、敷地に余裕がないと採用できない構造なので一戸建てだとなかなか難しい側面があります。

2016年01月24日