宅地建物取引業者免許証更新!

本日東京都庁にて新たな宅地建物取引業者免許証の交付を受けてきました。本日より弊社は免許番号が(5)となりました。

宅建業者は5年に一度免許を更新

宅地建物取引業者は免許制となっており、免許を取得して以降五年おきに更新をしなければなりません。宅建業者はそれぞれ事務所内に宅地建物取引業者票及び報酬額票を掲示しなければならないのですが、宅地建物取引業者票に記載された免許番号からその会社が免許を受けてからおよそ何年経つのかがわかります。

弊社はこの度(4)から(5)に変わったのですが、(4)ならば3回更新したという事で最低でも15年以上経っていることがわかります。そして今回(5)になったという事は4回更新したという事で5×4で20年以上は経っているという事がわかるのです。

標識の掲示義務

前述したように宅建業者は一定の標識を掲示する義務を負います。宅地建物取引業法では、宅建取引業者は、公衆の見やすい場所に、宅建取引業者である旨の標識(いわゆる業者票、報酬額票)を掲示しなければならない」と定めています。ですから株式会社いずみホームでも業法に則って事務所内の壁に掲示してございます。朝一番で出発し、午前中に帰社致しましたのですぐに新しい業者票を掲示しておきました。

創立20年を迎え

皆様のおかげさまをもちまして株式会社いずみホームは今年創立20周年を迎えております。今後とも地域に根差して、誠実に業務を行い、そしてたくさんの方とご縁を結んでいきたいと考えます。同じ地域に住む隣人同士、末永いお付き合いが出来ますよう努力してまいります。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

株式会社いずみホーム 代表取締役 松井 知明

2016年04月26日