練馬区庇ウレタン防水(改修用ドレン設置等)

概要

練馬区のマンションの1F店舗の天井から雨漏りしているとの事で、止水・防水工事を行う事になりました。店舗の真上に庇があり、そこから漏水しているようでしたのでそこを処置しました。

施工内容

  • ケレン・清掃
  • 下地調整・ドレン周り処置
  • プライマー塗布
  • 改修用ドレン設置
  • ウレタン防水
  • トップコート塗布・カバー取付

施工のポイント

漏水の原因は庇にあると考えましたが、特に排水口周辺が一番怪しいと考えました。漏水調査をしようにも、店舗の営業や水まき調査等による二次被害を考えると難しいと判断。最も可能性の高い所から順次処置していく事で、雨漏りを解消する事としました。ずばり、今回のポイントは改修用ドレンの設置でした。改修用ドレンには「縦型」と「横型」があるのですが、今回は二カ所ある排水口がそれぞれ縦と横でした。

施工風景

ビフォーアフター

施工前

練馬区マンション庇ウレタン防水前

施工後

練馬区マンション庇ウレタン防水後

各工程画像

ケレン・清掃

漏水していなければ高圧水洗浄をするのが一番手っ取り早いのですが、今回はカワスキやラスター、放棄などでケレン・清掃致しました。

下地調整・ドレン周り処置

下地調整・ドレン周り処置

縦型ドレンカバー外し 既存縦型排水口のカバーを外します。 ケレン・清掃 廃水トラップから排水管にかけて、
モルタルで整形されています。
ここの部分から漏水している
と考えられました。まずは清掃。
防サビプライマー塗布 防サビ効果のあるプライマーを塗布。 防サビプライマー塗布完了 プライマーが乾燥し
カチオン系樹脂モルタルで溝埋めカチオン系樹脂モルタルで埋めます。 排水トラップ整形周囲の高さに合わせます。
縦型ドレン下地処理完了排水トラップ整形完了 横型排水ドレンカバー外し既存横型排水口のカバー外し
カバー外し完了カバー外し完了 排水トラップ内画像排水トラップ内はゴミで溢れ、
錆も見られました。
ケレン・ケレン・清掃 ケレン・清掃完了ケレン・清掃完了
防サビプライマー塗布防サビ塗布 排水トラップ整形モルタル整形完了
横型排水ドレン下地調整完了溝が埋まりました。  

プライマー塗布

プライマー塗布

ウレタン防水下塗り 下地調整が終わると下塗りです。
プライマーを塗布します。
プライマー塗布ローラーで隈なく塗っていきます。
ウレタン防水下塗り完了 養生が終わると塗装開始です!  

改修用ドレン設置

改修用ドレン設置

縦型及び横型改修用ドレン 画像左が縦型、右が横型改修用ドレン 縦型改修用ドレン設置 まずは縦型改修用ドレン設置
縦型改修用ドレン接着 シーリング材などで接着します。 シーリング材で隙間埋め シーリング材を上から塗布。
特に改修用ドレンの端末部分は
隙間のないよう注意します。
横型改修用ドレン設置 横型改修用ドレンを現地で加工して、
排水トラップにはめ込みます。
横型ドレンはめ込み すっぽりはまりました。
横型改修用ドレン設置完了シーリング材等で
ジョイント部分を埋めます。
 

ウレタン防水

ウレタン防水

入隅シール 入隅シール。
入隅のような場所では
「三角シール」と呼ばれます。
立上りクロス補強 立上りクロス補強。
この部分は防水層が破断しやすいため、
クロスで補強するのが一般的です。
ウレタン防水 ウレタン塗膜防水。
笠木などはローラーを使って、
ウレタンを塗ります。
刷毛塗りあご下などは刷毛を使って塗ります。
コテでウレタン防水平場はコテでウレタンを巻きます。
ウレタン終了ウレタン塗布完了

トップコート塗布・カバー取付

トップコート塗布・カバー取付

トップコート塗布 ウレタン樹脂は紫外線に弱い為、
トップコートで保護します。
トップコート塗布完了 トップコートの耐久性は5年前後。
そのため五年後にトップコートの
塗り替えをする事が保証の前提となります。
カバー取付 改修用ドレンをするとご覧のように
口径が小さくなるため、常に設置する
わけではありません。
カバー取付完了 カバーを取り付け、
すべての工程が完了しました。