東大和南公園

東大和公園案内図画像

都立東大和南公園は西武拝島線「玉川上水駅」北口にある大きな運動公園で、運動広場やゲートボール場、野球場、テニスコートそして市民プールと言った運動施設が充実しています。もともとは米軍の大和基地跡地の一部を整備し昭和61(1986)年6月1日に開園したもので園内には戦争の爪痕を伝える史跡も残されています。また、災害時の広域避難場所に指定されていますので、大きな災害時に緊急避難する場所として覚えておいてください。

概要

  • 所在地:東大和市桜が丘二・三丁目
  • 広さ:約10ヘクタール(98,719.71平米)
  • 開園日:常時開園(サービスセンター及び各施設は年末年始は休業)
  • 入園料:無料

施設・公園エリア

管理所(サービスセンター)

都立公園・都立海上公園の野球場・テニスコートなどのスポーツ施設は、コンピューター(東京都スポーツ施設サービス)で予約管理を行っています。インターネット(携帯電話から接続可)・電話・利用者開放端末機で、簡単に申し込みができます。まずは利用者登録が必要ですので管理所で登録手続きを行ってください。

  • 所在地:東大和市桜が丘2-106-2
  • TEL:042-562-1498
  • 休業日:年末年始(12月29日から1月3日)

施設利用の流れ

  • 1、利用者登録・・・登録は個人単位、中学生以上の方。登録の際には身分証明書(免許証・学生証など)が必要です。受付時間は9:00~16:30、毎月27日の定期保守日はシステム停止につき新規の登録ができません。
  • 2、抽選の申し込み(利用日前月の1日~10日)・・・各メディアを利用してそれぞれの案内のメッセージに従い、希望の種目、施設、利用日、時間帯を指定して申し込みます。
  • 3、抽選結果の確認(利用日前月の14日~20日)・・・各メディアにて、抽選結果の確認を行い、当選者は内容の確定作業を行います。
  • 4、空き施設の予約(利用日前月の22日~利用日2日前)・・・空き施設の予約は各メディアにて先着順です。利用前日、利用当日の予約は公園管理所にて行います。
  • 5、利用当日・・・利用者カードを公園サービスセンター、管理所窓口に提示して、利用開始の10分前までに利用手続きを行います。開始時刻までに連絡がない場合はキャンセルとみなされます。使用料金は、当日管理所で支払います。
  • 6、キャンセル・・・利用日2日前までは、各メディアよりキャンセル可能です。尚、無断キャンセルを1回、直前キャンセルを累計3回行った場合にはペナルティが課せられます。キャンセルを行った月の翌月1日から3か月間申し込みができません。さらにキャンセルを行い二度目のペナルティとなるとその期間は1年となり登録抹消、再度登録しなおさなければなりません。

抽選の申込等を行うメディア

インターネット(携帯電話から接続可)

申し込みは公益財団法人東京都公園協会のホームページ内から行います。以下同協会サイトのリンクとなります。「東京都スポーツ施設サービス」のご利用案内のページ内から「インターネットからのお申し込み」をクリックし、それぞれ該当するページへと進んでください。

電話(自動音声ガイダンス)

TEL:03-3371-5489 に電話をかけ音声案内に従って操作してください。

利用者開放端末機

都内にある公園管理所のうち9か所に設置してあります。ちなみに東大和南公園の管理所にはありません。井の頭公園あるいは小金井公園なのでインターネットか電話からの申し込みが便利ですね。

運動広場

1週400mのトラックがある運動広場です。料金無料、利用の際の申し込み不要。

ゲートボール場

運動広場の中に設けられた4面あるゲートボール場です。料金無料、利用の際の申し込み不要。

野球場

運動広場の北に野球場が1面あります。照明施設はありません。利用に際しては料金がかかり、かつ事前に申し込みが必要です。

  • 利用時間:9:00~19:00(1月~2月・11月~12月は16:00、3月・4月・9月・10月は17:00、5月・8月は18:00、6月~7月は19:00まで)
  • 利用可能種目:軟式野球(少年/大人)/ソフトボール
  • 休場日:年末年始(12月29日から1月3日)
  • 利用料金::1時間1,200円(土日は1,500円)

テニスコート

公園の北端、野球場の北側に人工芝のテニスコートが8面あります。照明施設はありません。利用に際しては料金がかかり、かつ事前に申し込みが必要です。

  • 利用時間:9:00~19:00(1月~2月・11月~12月は16:00、3月・4月・9月・10月は17:00、5月・8月は18:00、6月~7月は19:00まで)
  • 利用可能種目
  • 休場日:年末年始(12月29日から1月3日)
  • 利用料金:1時間1,300円

市民体育館

平成27年4月から指定管理者として「ロンド・スポーツ ジェイレック共同事業体」が管理運営を行っている市民体育館です。

概要

  • 所在地:東大和市桜が丘2-167-13
  • TEL:042-566-3531
  • 開館時間:月~金曜日・・・午前9時~午後11時(入館は午前8時50分から、退館は午後11時15分までです)。土日・祝日・・・午前9時~午後9時30分(入館は午前8時50分から、退館は午後9時45分までです)。
  • 休館日:毎月第3火曜日(祝日の時は、その翌日)、12月28日~1月3日。

市民体育館の施設

第1体育室
  • 面積・・・1,391.5㎡
  • 用途・・・バレーボール2面、バスケットボール2面、バドミントン6面、卓球12台、その他
第2体育室
  • A面(畳)用途・・・柔道、合気道等
  • B面(床)用途・・・剣道、空手
第3体育室
  • 面積・・・320.22㎡
  • 用途・・・軽体操等、卓球A・B面各6台
トレーニング室
  • 面積・・・109.35㎡
  • 用途・・・各種トレーニング、ストレッチ、ランニング

東大和市ロンドみんなのプール

東大和南公園の北端部分にあり市民体育館と隣接しています。屋外プールのため夏場だけの営業となります。営業期間についてはその年ごとにご確認ください。参考のため昨年2017年時の概要を以下に記しておきます。

  • 期間・・・7月8日(土)~8月31日(木)
  • 時間・・・10:00〜18:00
  • 料金・・・大人:300円、中学生:100円、小学生:50円(2時間)、幼児は無料※おむつの取れていない子供は利用不可
  • 施設・・・25mプール、流れるプール、幼児用プール、スライダープール

史跡

旧日立航空機立川工場変電所外観

園内運動広場と市民体育館の間にある戦争中の爪痕を残す建物。その名も「旧日立航空機立川工場変電所」は東大和市の文化財です。

概要

壁に無数の穴があるこの建物は航空機のエンジンを製造していた軍需工場「東京瓦斯電気工業株式会社」の変電所として昭和13(1938)年に建設されました。東京瓦斯電気工業株式会社が翌年日立製作所と合併し社名を「日立航空機株式会社立川工場」と変更したことから「旧日立航空機立川工場変電所」として今に伝えられています。

東大和市はこの軍需工場がある事から爆撃の対象となり、数回にわたる空襲で壊滅的な被害を受け、そして何人もの犠牲者を出しました。工場地域への爆撃は3回あったそうです。太平洋戦争時の昭和20(1945)年2月17日、最初の攻撃がグラマン社設計のF6Fヘルキャットなど50機編隊によってなされました。次は4月19日、P-51ムスタング戦闘機らによる機銃掃射・爆撃、3回目は4月24日B-29の編隊101機による爆弾の投下でした。あわせて110余名にも及ぶ死者を出し、多くの負傷者も出ました。

この3回にわたる攻撃でできた無数の穴とともにこの変電所はほとんど修理されることなくなんと平成5(1993)年12月まで既に経営会社が変わっていた工場に電気を送り続けたというのです。

都立公園として整備されるにあたり、取り壊される事となったようですが、貴重な戦災建造物を保存し次代に伝えたいという市民の活動や、元従業員の方々の熱意が一つの運動となり、その姿をこうして残すことができたのです。

機銃掃射や爆撃による無数の穴の残る建物

この建物は普段はフェンスで覆われ立ち入りできませんが、毎月第二日曜日を公開日として13:00~16:00まで中に入って見物する事ができます。ただし、立ち入りは1階のみ、そして悪天候などで公開の中止や時間の短縮を行う事があります。

平和広場

「旧日立航空機株式会社変電所」前には、平和の大切さを後世に伝える地域として「平和広場」が設けられています。花壇には花木が植えられ四季折々の植物が楽しめます。また、建物東側の花壇にはプロペラが置かれています。

モニュメント

史跡の周りに置かれたモニュメント

旧日立航空機立川工場変電所の西側から北側にかけて変電所にちなんだ物がモニュメントとして幾つも設置してあります。

桜が丘中央公園

史跡や東大和市民体育館の東側には「桜が丘中央公園」という看板が立てられています。恐らくこの部分は東大和市の敷地でほぼ東大和南公園と一体となっているものの、一応名称を分けているのだろうとの私の推測です。

流れ・じゃぶじゃぶ池

玉川上水駅から一番近いのはこの部分です。普段は水が抜かれた状態ですが、ゴールデンウィーク中や夏休み期間だけは水浴びができるようになっています。公園の南西端に滝のようなものがありそこから水が流れ落ちて「じゃぶじゃぶ池」に流れ込みます。そのまま小川のような流れが運動広場前まで伸びています。平成30年では平成30年4月28日(土)~5月6日(日)までで既に開催されました。今後は夏休み時期に水遊びができます。

アクセス

東大和公園はTの字を逆さにしたような形をしており東西及び南北に長い構造になっています。そのため出入口も至る所にあるため、各駅から最も近い出入口で時間や距離を示します。

鉄道

  • 西武拝島線・多摩モノレール「玉川上水」駅徒歩約2分(約194m)
  • 多摩モノレール「桜街道」駅徒歩約6分(約486m)
  • 西武拝島線「東大和市」駅徒歩約13分(約1100m)

バス

  • JR中央線・JR青梅線・JR南武線・JR五日市線「立川」から立川バス 村山団地行き「玉川上水」下車 徒歩8分
  • 西武バス南街行き「南街」下車 徒歩5分

東大和南公園にはテニスコートの近くに駐車場がありますので車でのアクセスも可能です。ただし、規模の割には駐車場が広くありませんので、土日や祝日などはもちろんの事、平日でも停められない可能性があるのでご注意ください。

  • 所在地:東大和市桜が丘2-106-2
  • 営業時間:1月~2月、11月~12月・・・8:30~17:00、3月~4月、9月~10月・・・8:30~17:30、5月及び8月・・・8:30~18:30、6月~7月・・・8:30~19:00
  • 利用料金:無料(夜間閉鎖)
  • 駐車台数:33台(身障者用2台)

うまかんべぇー祭

「うまかんべぇ~祭」は、平成24年に第一回が行われこれまでに七回を数える食を中心としたイベントです。地域住民の交流と東大和の魅力ある食文化を活かし、地域社会を元気にすることを目的としています。グルメコンテストが行われ、市民団体や市内の飲食店などが趣向をこらした創作メニューを出展し、コンテスト参加者の中から、東大和らしさ溢れるグランプリメニューを年度ごとに決定します。会場に設置されたステージで様々なジャンルの発表が行われ、様々な機関・団体とコラボレーションしながら、魅力あるイベントも同時開催します。