マンションを高く売るための工夫

マンションを売ろうとしている人なら「同じ得るなら少しでも高く売りたい」と考える事でしょう。どうすれば少しでも高く売れるのか、そのコツをご紹介します。

販売事例で確認しよう!

販売事例を検索あなたのお家はおいくら万円?
  • 過去実際に売り出された販売事例
  • 住いの周辺を自分で検索!
  • 沿線別・駅別でわかりやすい!

査定金額と売却金額は同じではない

不動産査定サイトなどでご自宅のマンションの査定をしました。さて、その金額通りに売れるでしょうか?多くの人にとっては査定金額は低いより高いに越したことはありません。査定業者としても低い金額で査定すると依頼者の機嫌を損ねかねない事を承知しています。査定自体気軽に何社にも依頼できるため、幾つかの査定金額を見比べるのがむしろ普通なのです。そうなると、相場よりも高めの査定を行い、まずは依頼者に気に入られなければなりません。結果、売却をご希望するお客様の期待、業者の思惑をはらんで、相場より高い査定価格が出される傾向が強くなります。実際マンションの売り出しにあたっては高めに売り出して、徐々に値下げを行い、相場に近付いた段階で話が進むというのが定石です。つまり、査定金額は売却金額ではないというのが一般的なのです。

高い査定金額に満足しない

査定金額が期待通りでもそこで満足してしまってはいけません。希望に近い金額で売れる事の方がはるかに重要だからです。これからマンションを売ろうと考えている方は是非とも相場観を養い、ご自分のマンションの売り出し事例を調べるなどして、世間一般でご自分の住まわれるマンションがどれくらいの評価を得ているのか把握しましょう。マンションは築年数と共に徐々に評価が下がっていくものです。従って参考にするのは直近のものだけにしましょう。同じ間取りが難しいとして、面積・所在階の近いものほど参考になります。

長期化注意!

ここで注意しなければならないのは、売り出し金額があまりに高いと売却期間が長期に渡る可能性が出てきます。市場に長く出続ける事で魅力が低下し、期待を裏切る価格で売却せざるを得なくなってしまうというリスクがあります。

高めに出すこと自体が悪いこととは申しませんが、度を超えるとかえって損をしてしまうかもしれないということです。あるいは、事情を踏まえ相場に近い金額まで思い切って価格を下げるなど、柔軟な対応がとれればいいのですが、当初の査定金額が頭に残り、思い切った決断が出来なくなる弊害が出てしまいます。マンションに限らず、土地や戸建などの不動産は、希少性が価値を持ちます。新規公開情報は多くの注目を受け、反響も高いのに比べ、一年以上売り出されているものは、反響も少なく情報としての価値も低くなります。物件自体が魅力がないのではありません。情報としての鮮度が落ちてしまい、注目も浴びなくなってしまうのです。そうして長期間市場に出続けているせいで、何か欠点があるんじゃないのか?と思われてしまうようになり、さらなる悪循環に陥ってしまいかねません。

住いではなく商品として考える

売却する以上もうそれは商品です。居住したまま売りに出すにしても、売れる姿を見せなければいけません。売り出してる間いつ見学者が来るとも限りません。にもかかわらず、部屋は散らかってる、掃除はしていない・・ではとても買い手は見つかりません。買い手の身になって最低限清潔な環境を整えましょう。

荷物が多すぎる場合には減らす努力を

購入希望者様をお連れする場合に一番困るのは物があふれ、足の踏み場もないような場合です。ドアを開けた瞬間、購入希望者のモチベーションが下がるようではとれも売れません。「住んでるんだから仕方ないでしょ」ではなく、一円でも高く売るために「すっきり、キレイなお部屋」を目指してみましょう!内覧では各居室や洗面室・浴室を見まわるだけでなく収納も扉を開けて見ます。物がたくさんあり過ぎる場合には、思い切って整理してみるのもいいでしょう。いずれ引っ越ししなければならないのですから、前倒しでやったと考えればいいのです。

素敵なお部屋を演出

さらにプラスαを考えるなら、家具の配置を工夫して、住みやすい素敵なお部屋を演出してみましょう。新築物件では素敵なテーブルとソファーなどを配置し、見学者にそこでの生活をイメージさせます。売却のために家具を入れ替えるまでする必要はありませんが、あるものを効果的に使って、見学者に「ここで暮らしてみたい」と思わせたら勝ちです。多くの人は空き室じゃないと売れにくいとお考えかもしれませんが、中古マンションの売却では「居住中」の場合も珍しくありません。であるなら、それぞれの状況を活かす方向で売り出しをするのが肝です。

ホストとして振る舞う

売るのは業者だから自分は関係ないという雰囲気の売主と来客を温かく迎える売主ではどちらが好印象でしょうか?内覧に来られる方は見知らぬ他人の家に上がり込むのですから、多少萎縮してしまいます。そうした心理の中で、敷居を跨ぎにくいと感じたら、そのお部屋に親近感を抱きにくくなります。逆に、暖かく迎えてくれ、入りやすい雰囲気が漂っていれば、親近感を抱きやすいものです。まさか、内覧者近くでもてなすわけではありません。室内に入りやすく、どこでも気軽に見て回れる雰囲気づくりを心がけましょう!という事です。玄関に靴があふれていたら入りにくいですよね?玄関が薄暗くて靴を脱ぐのも大変だとしたらのっけからマイナスポイントです。要は内覧者への気遣いが見られるか否かで違ってくるという事です。販売業者にまかせっきりではなく、売主自らが主体となって、商品の価値を高め、アピールするという心の動きがとても大切です。

居住中のマンションでは購入希望者の内覧希望日と売却予定者の都合が合わない場合があります。仲介業者が調整して日程を決めるのですが、それ一つとっても大変なケースがあります。売主さんとしてはずかずかと部屋に入り込まれるという抵抗感もあるとは思うのですが、もう少し協力的でもいいのに、と思う事があります。内覧する方は幾つか回る物件の一つですから、希望日に見られないならあきらめてしまう事も結構あります。せっかく決まるかもしれない機会を自ら失ってしまっているのです。商品の売り手として、少し発想を転換させて下さると助かるケースが時々見られます。

リフォームは必要か?

マンション査定で実は見落とせないのがお部屋の傷み具合です。同じマンション内の物件が同時期に二つ売りに出たとします。面積、所在階、向き等ほぼ同じ場合、購入以来一度もリフォームをしていないため室内がかなり傷んでいる部屋とこまめにメンテナンスしてきたのでそのまま住めそうな部屋とでもし同じ金額で売り出したらどうなるでしょう?物件を探している人ならばどちらとも見るのが普通なので、両者を見比べて、そのまま住めそうな状態のいい方を選ぶのは間違いないでしょう。

では、一方が売れてしまえば、他方の手入れの必要である部屋は売れるかと言うと、同じ金額ではなお難しいでしょう。同じマンション内で他に売り出し物件がないとしても、周辺のマンションで同じような価格帯のものと比較されるからです。

リフォームが必要なくらい傷んだり汚れているお部屋では、そのリフォーム費用分を考慮に入れた査定をするのが現実的です。買う側にとって、価格とともに諸経費やリフォーム費用その他、総額でいくらかかるのかが重要だからです。当然、市場でも状態の良し悪しが評価を左右します。

商品を売るためには見た目も重要ですから、第一印象をよくするためにもリフォーム事は有効です。リフォームの見積もりは無料ですのでその際は是非お気軽にお申し付けください。売却をお預かりした物件につきましては見積金額の30%OFFにリフォームさせていただきます!

購入希望者一覧

購入希望者一覧今どこが人気なのかな?
  • ただ今ご登録中の購入希望者を確認!
  • お住まいのエリアの人気はいかに?
  • 沿線別・駅別にお調べいただけます。