耐震と耐震リフォーム

耐震と耐震リフォーム

地震の多いわが国では、建物の倒壊によって尊い命が失われてしまう事があります。そうならないために、各市町村では耐震診断の助成金を拠出したり、中には耐震リフォーム費用についても助成するところもあります。

耐震・制振・免震

耐震

建物が倒壊しなければ生命は守られます。がっちり、しっかり丈夫な建物を建てて、大地震で建物が多少損傷したとしても倒壊は免れるように家を作る事です。建築基準法によって一定の耐震性を有するよう建築する事が義務付けられています。今は一般の人でもわかりやすいように住宅性能表示制度で耐震等級を表すようになりました。ただし、この制度は任意となります。詳細については「住宅性能表示制度」をご確認下さい。

制振

建物の要所に設置したダンパーが地震エネルギーを吸収し、建物への衝撃を緩和します。内部構造として地震エネルギーを逃がすような造りとイメージしてください。

免震

免震装置によって建物自体への揺れを緩和する仕組みです。建物を免震装置の上に乗せて、いざ地震が起きても免震装置が地震の揺れに追従する事で、建物に地震によるエネルギーを伝えにくくします。免震構造は地震そのもののエネルギーが建物に伝わりにくいため、地震によって建物への損傷を抑えられます。積層ゴム免震支承、すべり免震支承、転がり免震支承3種類があります。

積層ゴム免震支承

ゴムの変形によって加速度を低減する方式です。広く一般に用いられています。

すべり免震支承

平面または凹面状の皿の上を滑り部材がスルスルと滑って加速度を低減する方式です。

転がり免震支承

平面または凹面状の皿の上をボールまたはローラーが転がって加速度を低減する方式です。

建物の基礎

建物の耐震を考える上で基礎が重要であることは言うまでもありません。かつては布基礎などが用いられた時代もありましたが現在の新築一戸建てではベタ基礎が基本です。

布基礎

布基礎

Tの字をさかさまにした様な断面形状で土中に埋め込まれた基礎。鉄筋コンクリートが連続して設けられています。逆Tの字型の底の部分をフーチングと呼び、そこからフーチング基礎などとも呼ばれます。布基礎の場合不動沈下(建物の一部が沈んで傾く事)が起こる事があります。底一面を鉄筋コンクリート覆うベタ基礎では建物の荷重を底一面で受けるのと比べ、布基礎では建物の荷重が部分的にかかってしまうので、軟弱地盤では沈んでしまう事があるという事です。ただし、布基礎イコール沈んでしまうから不安という事ではなく、良好な地盤ではなんら問題はないという事です。

ベタ基礎

ベタ基礎

基礎の立上りだけでなく、底板一面が鉄筋コンクリートになっている基礎の事。現在の新築では建てる前に地盤調査を行うようになりましたので、その結果に基づいてベタ基礎にするか、布基礎にするか決めればよいのでしょうが、現在はベタ基礎がスタンダードなものとなっています。ベタ基礎は不動沈下が起こりにくい事に加えて、土の中を移動する白蟻が侵入できないため、シロアリにも強いとされています。実は空中を移動する外来のシロアリもいるようで、そうなると基礎をどこうしたところで被害は防げないようですが、在来のシロアリに対しては有効である事は確かです。

筋交い

在来工法(木造軸組み工法)では地面に対して垂直方向の木材(柱など)と水平方向(梁など)の木材を組み合わせて建築します。大きな揺れではこれら縦と横の木材が交わる箇所の接合が外れてしまう事で倒壊してしまいます。そこで縦と横に斜めの材を加える事で、水平方向の揺れに対して強度を持たせようというのが筋交いです。記事冒頭の画像では柱と柱の間に斜めの木材が交差しています。かつてはこのようにバッテンにしないで一方だけの筋交いで済ます事が多かったようです。

右下から左上の対角線状の筋交い

筋交い1

筋交いを入れると壁の強度が増します。ところが、左図の場合、右方向の力に対しては効果を発揮しますが、左方向の力がかかると下図のように接続部が外れてしまい、倒壊につながる事があります。

筋交い1

 

左方向の力がかかると左図のようになる事があります。

左下から右上の対角線状の筋交い

筋交い1

反対にこのような筋交いの入れ方をすると、左方向の力に対しては抵抗できますが、右方向の力に対して弱いのです。

筋交い1

 

右方向にちからがかかるとこのように崩れてしまう事があります。

各種金物

木造軸組み工法では接続部分が外れない工夫が必要となります。様々な金物を利用して、接続部分をしっかりと固定する事で、倒壊を防ぎます。

接合金物

部材と部材の接続部分を留める金物。箇所によって大きさ、形状の違うたくさんの種類があります。柱や梁、筋交いなどをがっしりと接合する事で建物の強度が上がります。

ホールダウン金物

地震時や台風時に柱が土台や梁から抜けるのを防ぐために用いられる金物です。

柱に取り付けたホールダウン金物の棒部分が土台に突き刺さっています。

柱が梁から抜けないように取り付けたホールダウン金物。
柱を貫通し抜けないよう取り付けてあるのがわかります。

耐震リフォーム

耐震リフォームは大きな地震によっても建物が倒壊しないように、筋交いを入れ、接合金具等で接続部分等を補強する事が主なものです。そのためには耐震診断を行い、建物のどの部分が弱いのか、構造上の問題を抱えているのかを診断し、その結果に基づいて適切な処置を行います。

各自治体のホームページでチェック!

お住まいの役所のホームページ上には各種助成金のお知らせがあります。耐震診断や耐震リフォームの助成等是非一度調べてみて下さい。