売却準備の為のリフォーム

不動産売却の準備のためにリフォームを行う事があります。リフォームは見た目を良くし、失われた機能を回復させる事ができるため、物件の魅力が増すからです。不動産ではまずは外見の見た目が大事になります。
マンションについては管理組合または管理会社によって計画的にメンテナンスが行われるので気にしなくていいでしょう。一戸建てではメンテナンスは自ら行う必要があるため、費用対効果を考えつつ、なすべき時には外壁塗装などして見た目をよくする事が必要です。

販売事例で確認しよう!

販売事例を検索あなたのお家はおいくら万円?
  • 過去実際に売り出された販売事例
  • 住いの周辺を自分で検索!
  • 沿線別・駅別でわかりやすい!

購入希望者一覧

購入希望者一覧今どこが人気なのかな?
  • ただ今ご登録中の購入希望者を確認!
  • お住まいのエリアの人気はいかに?
  • 沿線別・駅別にお調べいただけます。

物件を映像でアピールします!

  • 映像だからわかりやすい!
  • 注目度の高い動画を駆使!
  • そうだYouTubeを見よう!

アクセス数の多い動画なので秘密厳守をご希望の場合には使用しません!

見た目は大事

内部についても外見同様見た目が大事です。「買いたい」と思わせるには「ここに住みたい」と思わせなければならないからです。建具に穴が空いていたり、クロスが汚れていたりするとどうしても買い手がつきにくくなってしまいます。機能の失われた住宅機器なども購入希望者の目には「マイナスポイント」と映る事でしょう。

リフォームとリノベーション

リノベーションと言う言葉を目にしますがリフォームとどこが違うのでしょう?
リノベーションとは用途や機能を変更して性能を向上させたり付加価値を与えることを意味するのですが、それはあくまでもリフォームの一形態なのです。以前は全てに手を加える事を「フルリフォーム」と呼んでいましたが、そのフルリフォームとも若干ニュアンスが違います。
リフォームは老朽化したものを以前のような状態に戻す事です。既存のものと同等あるいは堂程度の機能を持つ新品にするようなイメージです。リノベーションは既存の物以上に機能的であったり、付加価値のあるものにする事です。現状よりワンランク上のより快適・機能的そしてデザイン性を向上させようというようなイメージです。リノベーションでは3DKを2LDKに変えるなどより時代にマッチした変更を加えます。

どの程度のリフォームが必要なの?

売却準備としてはリノベーションは必要ないと思います。それだけの費用をかけて果たして回収できるかわからないからです。もちろん時が流れてからリフォームするのですから、より機能的になった代替商品が出ています。単なる洗面化粧台とさして変わらない金額で三面鏡シャンプードレッサーに取り替えられるのならそちらがいいでしょう。けれども、和室を洋間に変更したり、間仕切り壁を取り払って間取りを変更するほどの事はする必要がないと思います。

投資目的の場合

リノベーションは買取業者が市場より安く買い取った物件だからこそ通常より多くの費用をかけても回収できるのだと思います。商売ですからリスクを負ってでも儲けをを出さなければならないからです。一般の方がリノベーションをして市場価格より高額で売却できるかどうかは未知数ですので、リスクを負ってまで大きな出費をする必要があるとは思えません。ただし、投資を目的とした場合には個人様でもリノベーションを施す意味が出てきます。リスクを負って利益を得るためならばチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
(買取については「不動産業者による買取」をご覧ください)

一般的な売却の場合

一般の方が不動産を売却する場合にはクロスの貼り替え、襖・障子の貼り替え、畳の表替えなどの、仕上げリフォームをすれば十分でしょうか。あとは便器が壊れてる、床が抜けてるなど機能が著しく損傷している箇所を使えるようにするくらいでいいと思います。
大きなリフォームは買い手に任せ、現状売れにくくなっている状況を改善する一つの手段と認識していただければよろしいかと思います。

リフォームの予算

リフォームの予算についてですが、前述したように予算をかけすぎるとかえって売却しにくくなってしまう事があります。特に水周りに手を付けてしまうと100万円以上コストがかかってしまう事があり、その分を上乗せして売るとなるとすんなり売却できない事があります。水周りの設備機器はピンからキリまでありまして、どれくらいかかるのかはどの程度のグレードを望むかによってかなり違ってきます。これは買い手が好きなように選ぶのが恐らく正解でしょうから、売り手としては水周りにまで手を出さないのが賢明ではないでしょうか。水周りに不具合があればその分販売価格を調整する必要が出てきますが、わざわざ高額な費用をかけて相場で売るよりは、水周りのリフォーム費用分を値引きしたり、差値交渉に応じて相場より低めの金額で売る方が危険が少ないです。

査定時にリフォームのお見積もりも致します!

査定時にリフォームについてのアドバイスも致します!弊社では豊富なリフォームの経験から物件の査定時に、併せてリフォームについてのご相談も承ります。現地にて状況を確認し、リフォームが必要なのかどうか、するならどれくらいを目安にするのか等アドバイスさせていただきます。ただし、リフォームの見積もりはとても難しく、詳細な数字をその場で出すのはご勘弁ください。あくまで目安として一般的な数字を「~ならだいたいいくらくらい」などのように概算を申し上げます。また、実際にリフォームを行う場合には見積金額の30%OFFとさせていただいております。皆様の大切な不動産を売却するために精一杯努力させていただきます!!