マンションの構造について

マンションは木造に比べ階層が高くなることが多い為、造りもしっかりとしたものとなります。かつては10階建てくらいまではRC(鉄筋コンクリート)造、10階建て以上だとSRC(鉄骨鉄筋コンクリート)造となる事が多かったのです。今はRC(鉄筋コンクリート)造の性能が向上し10階建て以上のマンションでもRCが採用される事が多くなりました。ではそれぞれの特徴についてご説明いたします。

販売事例で確認しよう!

販売事例を検索あなたのお家はおいくら万円?
  • 過去実際に売り出された販売事例
  • 住いの周辺を自分で検索!
  • 沿線別・駅別でわかりやすい!

RC(鉄筋コンクリート)造

RCは「コンクリートによって補強されている」を表すReinforced Concreteの頭文字をとったものです。型枠の中に鉄筋を配し、コンクリートを流し込んで柱・梁など建物の骨格部分を一体に作り上げるのがRC(鉄筋コンクリート)造ですから、鉄筋をコンクリートで補強して建てた構造という事になります。木造建築だと柱と梁などが独立した部材として用いられ、接続部分を金具等で固定します。RCの場合だと一緒に固めてしまうため「一体」となるわけですね。

引っ張りに強い鉄筋と圧縮に強いコンクリートの見事なカップリング

鉄は引張強度に優れ、細い鉄筋でも容易には破断しません。ところが、引っ張る力に強い鉄筋もたわんだり曲がってしまう事があります。コンクリートは圧縮強度に優れている反面、曲げや引張強度ではもろい部分があります。つまり鉄筋とコンクリートの長所と短所は真逆なのです。そこで鉄筋とコンクリートを併用する事でお互いの長所が短所を補う構造となるのです。

さらに鉄筋の天敵とも言える錆からコンクリートは護ってくれます。アルカリ性の性質を帯びるコンクリートで周囲が固められることで不動態化(腐食に抵抗する酸化被膜が生じる状態)し、鉄筋が本来の能力を保持する事ができます。

RC(鉄筋コンクリート)造の性質

RC(鉄筋コンクリート)造は高い耐火性、耐久性を持っています。防音性、保温性にも優れ共同住宅として利用されるに足る能力を持ちます。ただし、防音性能は十分な厚みがなければ発揮されません。デメリットとしては建物自体の重量が重いため、軟弱地盤や大空間が必要な建物に向かないことです。

SRC(鉄骨鉄筋コンクリート)造

SRCはSteel Reinforced Concreteの頭文字をとったもので、上述したRCに加えて柱や梁に鉄骨を配した構造の事を言います。RCでは鉄筋とコンクリートで柱や梁を構成するのですが、SRCでは鉄骨の周囲に鉄筋を組み、コンクリートを打ち込みます。鉄筋コンクリート造の芯の部分に鉄骨が入っていると考えればよいでしょう。鉄筋や鉄骨をコンクリートで包むことで、錆びを防ぎ耐火性を持たせています。SRC造は、鉄筋コンクリート構造の長所である「変形のしにくさ」と、鉄骨造の長所である「しなやかさ」、その二つの長所をあわせ持っています。

強度や耐震性などの面でRCよりも優れているとされており、かつては10階建て以上の高層マンションや超高層マンションなどの建築に用いられる場合が多かったのです。

SRC(鉄骨鉄筋コンクリート)造

RC(鉄筋コンクリート)造と同じく耐火性、耐久性に富んでいます。鉄筋コンクリート造と鉄骨造の長所を持ち合わせており、柱や梁などのサイズが比較的小さくても耐震性の高い建物が建てられます。高層のマンションや大空間の建物に向きます。デメリットは建設コストが高くなることです。

ラーメン構造と壁式構造

RC(鉄筋コンクリート)造は大きくラーメン構造と壁式構造の二種類にわかれます。ラーメン構造とは柱とはりを一体化して骨組を作ったもの、壁式構造とは柱がなく壁と床だけで建物を構成したものを言います。ラーメン構造は木造軸組み工法、壁式構造は2×4(ツーバイフォー)住宅にそれぞれ似た構造です。柱と梁で骨格を作り間仕切り壁を抜いて広い部屋を作ったりできるなど間取りの自由度がある反面、壁がない部分や薄い部分で柱に荷重がかかり、大きな地震では変形・倒壊のリスクがあります。壁構造は幾つものマッチ箱を並べたり重ねたりして建物を作り上げるイメージです。それぞれの部屋が耐力壁でがっちり作られているので、耐震性に優れるますが、壁を抜いて間取りを変更するような自由度はありません。

コンクリートの劣化

コンクリート自体はアルカリ性ですが、風雨にさらされると中性化を起こしもろくなってしまいます。また、クラックと呼ばれるひび割れが入るとそこから入り込んだ水によって鉄筋が錆びてしまいます。錆びた鉄がぼろぼろになってしまうように、鉄筋ももろくぼろぼろになってしまいます。そうなると建物の強度が低下してしまい、大きな地震に耐えられるかどうかわからなくなります。

マンションのメンテナンス

マンションで定期的に大規模修繕が行われるのは何も見た目をよくするためだけではありません。マンションの不具合を見つけ適切な処理をする事で、建築時に期待された強度・性能を長く維持するためでもあります。コンクリートがそのまま雨ざらしになる状態はよくありませんので、塗装でコーティングしたり、上にタイルを貼るなどして躯体を保護します。そうした保護機能が失われたのなら再度コーティングやタイルを貼り替えるなどして保護機能を再度持たせるのです。詳しくは「マンションの大規模修繕について」をご参照ください

購入希望者一覧

購入希望者一覧今どこが人気なのかな?
  • ただ今ご登録中の購入希望者を確認!
  • お住まいのエリアの人気はいかに?
  • 沿線別・駅別にお調べいただけます。