ブログ

株式会社いずみホームの業務日誌です。地域の事、不動産の事、日々の仕事の様子など書いていきます。

ブログ一覧

ホームページをリニューアルしました!

今月2日に到着したホームページビルダー20を使って弊社ホームページをリニューアル致しました。今までと操作が随分異なっているため悪戦苦闘中です。とりあえず主要なページだけリニューアルしましたのでアップ致しました。かなり変わったのでご覧いただいている皆様も気づかれた事でしょう。
マンション特集など膨大なページが残っているので、これはもう日々少しずつ更新していくしかありませんね。今朝は朝4時起きでさっそく更新作業を開始しております!

 

 

2015年10月12日

立ち合いお疲れ様でした!

昨日は武蔵村山市大南の新築一戸建てについて引き渡し前の立ち合いが行われました。売主様、買主様、そして不動産業者(私松井)の三者で現地に集まり、一部屋ずつチェックして回り、傷などがあればそれを引渡しまでに補修します。

買主のT様も丹念にチェックをしながら、売主側担当者様に質問をされつつ約一時間あっという間に過ぎてしまいました。残金決済までもうあといくらもありませんので、タイトなスケジュールとなりますが、どうぞあともうひと踏ん張りよろしくお願いいたします。

住宅エコポイントが使える物件ですが、締め切りが迫って参りました。お忙しいところ恐縮ですが、そちらの手続きもよろしくお願いいたします。駆け込みで、締め切りまでに予算が尽きてしまうかもしれません。30万円分・・・網戸やエアコンなど色々交換できます。是非是非ご活用くださいね!

動画で下見!動画で内覧!

  • 動画が見たい
  • 部屋に居ながら下見したい
  • そうだYouTubeを見よう

動画のリクエスト承ります!

お気軽にお申し付けください!

2015年10月12日

コインパーキングで車が出せない・・・

コインパーキングって千円札しか使えませんよね。お財布の中に万券あるいは五千円札しかない時にほとほと困り果てます。今日まさにそんな状況でした。環八沿いのコインパーキング。終日最大1200円。私のお財布には千円札が一枚しかありません。小銭入れには・・・50円玉二枚。あと100円足らんのです。大きいお札をどこかでくずさなければ車が出せません。付近にコンビニはありません。視界に入らないところまで歩いていくほかないのです。車ならば何てことはありませんが、その車が使えないもどかしさ。

環八沿いをとぼとぼ歩いてみるも、一向に現れません。そこで藁をもつかむ気持ちでガソリンスタンドに入ってみたのです。

結果的にそこで両替してもらえたので無事車を出す事ができたのですが、ちょっと考えてみて下さい。

歩いてガソリンスタンドに入っていく決まりの悪さを。

普通は車なりバイクなりで入ってくるはずのところに、てくてく歩いて入っていくのはなんとも恥ずかしいものです。店員さんも「なんだこの人は?」みたいな顔して私ちらと見ます。

そんな視線を交わしつつ、スタンドの奥にある店舗内の自動ドアをくぐると、女性の店員さんに、

「すみません、両替していただきたいのですが・・・」と声をかけてみました。

すると、思いがけない愛想のよさで、「かしこまりました」とおっしゃるのです。

あぁ、日本のサービス業は客でもない人間に対しても親切なんだなぁと一瞬感動したのですが、よくよく考えるとまさか徒歩で入店してきた客ならぬ客だと気付かなかった可能性に気づきました。

それでも、こうした気持ちのいい対応は嬉しいものですね。私もくずしてもらった五千円でお茶を二本買って、店を後にしました。はい、お客さんとしてお店を出たのであります(笑)

 

それでもまぁ、車に乗り込まず、徒歩で敷地内を立ち去る私の姿をどう眺めてたのかなぁと気になるところではあります。

コインパーキングを利用する時はその前にしっかりとお財布の中身を確認しよう!

私は一歩前進したのであります。

動画で下見!動画で内覧!

  • 動画が見たい
  • 部屋に居ながら下見したい
  • そうだYouTubeを見よう

動画のリクエスト承ります!

お気軽にお申し付けください!

2015年10月14日

柏町住宅雑排水交換工事

立川市柏町にある公団団地「柏町住宅」におきまして、ただ今大規模修繕が行われています。老朽化した給水・排水管のメンテナンスをするためです。

老朽化した給排水管からの漏水リスク

昭和40年代に建てられた公団団地やマンションなどで今老朽化した給排水管からの漏水事故などが起こり、そのメンテナンスが全国各地で行われています。築年数の古い団地やマンションではかつて鉄管が用いられていました。鉄はいずれ錆びてしまうため、その錆によって穴が空き漏水してしまうケースが増えました。そうした漏水への対応の為修繕が必要なのです。

どのようなメンテナンスか?

柏町住宅でもそうなのですが、上記のような団地・マンションでは最上階から一階にかけて排水立管が通っています。洗面台の横などに排水管が露出していて、それが上から下までつながっています。床・天井を通り抜けているため、それを交換するとなると大工事です。床を剥がし、排水管周りを壊して撤去しなければなりません。当然その間は水の使用は厳禁です。それでも交換できる立管ならいいのですが、露出せず壁内部を通っていたり、立管からトイレや浴室に繋がる管などについては、交換ができないか、交換にものすごコストがかかるかしてしまいます。

排水管の中に管を作る

そこで考えられたのが、特殊な機械と材料によって管の中をコーティングして言わば「管の中に管を作る」という工事です。これなら管自体を取り外さなくても、設置したまま施工できます。そのため、そうした技術を用いた修繕が全国的に認められ、採用されるようになったのです。

床その他の補修

とは言え排水管だけでなく給水管のメンテナンスも必要となる場合には各戸ごとに床を剥がしたりしなければならないケースが出てきます。床を剥がし床下に通る給水管・排水管などをメンテナンスし、再び床を張るのですから、一日や二日では終わりません。しかも、1階から最上階まですべての部屋を同時期に工事しなければならないため、綿密に計画を立て、各戸住人さん全員の協力が不可欠となります。

工事期間中に例えば3階の住人さんだけが留守で、その階だけ工事できなかった・・・という事はありえないですし、起こりえません。先述の排水立管は上から下までつながっているのですから、途中だけ省く事ができようはずがありません。また、給水管を新設するにせよ、漏水のリスクは全戸共通のものですから、一部でも交換できないという事はその号棟全体の不利益となるからです。

かくして柏町住宅の大規模修繕が行われ・・・

こうした理由で柏町住宅では昨年の外壁等の大規模修繕に続き、二年連続で大規模修繕が行われる事になったようです。各住人さんは大変でしょうが、建物の事、住環境の事を考えればいずれは通らなければならない道です。ですから、ここでこの修繕をしておくことで、将来の憂いが払しょくできるわけですから、よい事なのだと思います。ただし、不動産及びリフォーム業者である株式会社いずみホームとしては、この期間中、賃貸・売買ともに動きがまったく止まってしまい、リフォーム案件も完全ストップになっておりまして、案外痛いのですが・・・この工事が終われば一気にまた動き出すのだろうと、工事終了を心待ちにしている状況なのです。

まだしばらく続く打合せ

昨日弊社管理の空き室一部屋について上記工事が完了しました。その間工事業者さんとの打ち合わせで何度となく現地に足を運びました。仕事の一環と言いますか、延長線と言いますか・・・そうした打合せ自体私の直接の仕事ではありませんが、オーナー様の代理として業者さんと話をつけなければなりません。

今やっと一つ終わり、残り3部屋・・・。案外大変なんですが、しっかりと対応したいと思います。

 

 

動画で施工風景配信!透明な現場を目指して!

  • 動画が見たい
  • 部屋に居ながら下見したい
  • そうだYouTubeを見よう

動画のリクエスト承ります!

お気軽にお申し付けください!

2015年10月15日

ご来店の際はご予約をいただけると助かります

株式会社いずみホームではご来店の際にご予約をいただけますよう皆様にお願い申し上げます。

というのも少数にて営業致しておりますため、突然のご来訪に対応できない事が多々ございますためです。せっかくお越しいただいたのに一旦お帰り頂き、後日改めて来店いただくケースもございます。

住宅ローンのご相談にいらしても、担当が外出中であったり、リフォームのご相談に見えても、同じく担当が席を外していたりで、次回ご来店の予約をしていただいて、その場はお引き取りをいただくのはこちらとしても大変申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

是非ご来店予約のフォームあるいはメール、お電話にてご予約を頂けますようお願い申し上げます。

 

大きな会社ですといつも店内に複数のスタッフがいらっしゃって、いつにても対応できるのでしょうが、当社では全員が出払ってしまう事も珍しくはありません。その点どうぞご理解を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。

動画で下見!動画で内覧!

  • 動画が見たい
  • 部屋に居ながら下見したい
  • そうだYouTubeを見よう

動画のリクエスト承ります!

お気軽にお申し付けください!

2015年10月16日
» 続きを読む